| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

交換日記


ゆいがは-マ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
妊婦さんの孤独について悲観的に考える最近の傾向をなんとかしたい
近頃の私といえば何かにつけて、妊婦さんの抱える孤独はいかほどのものかと考えている。そしてそのことを考えるたびに悲しくなって、ついには「孤独の末に死にたくなるのではないか」という失礼極まりない妄想にまで発展してしまうのだった。





しかし、この間図書館へ行く午後の道で

冷たい雨が降っていて

スーツは寒いくらいで


マタニティスイミングを終えたと思われる妊婦さんたちが、プールの施設から数人出てきたんだよ。


みなさん「いい運動した」って顔をしておられた。

同じクラスの妊婦仲間やら、まだ小さい各々の子どもやらと話しながら、笑顔で歩いていた。


だから私は、少しだけ安心したんだよ。

きっと妊婦さんは孤独なんかじゃないんだなって。




そもそも、彼女たちのお腹には新しい命が存在するんだものね。


きっと自分で思っているよりも、人は孤独じゃないんだ。

|01:01| day | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rina -
水曜日のエミリア
 これすき!! ナタリーやってくれましたね。
ナタリーがすきなだけで今まで出演作をちらちら観てきたけど、ミニシアターものは自分の中であんまりヒットしなかったんだよね(『フリー・ゾーン』参照)。『ブラック・スワン』は傑作すぎて文句のつけようがないけれどね。

若干やさぐれ風のルックスで複雑な家族関係に奮闘する感じがしっくりきてた。私事ながら最近は家族モノにめっぽう弱いです。どの人にもその人の立場があって大変で、完璧にわかり合うなんてまず無理だけど、支え合って生きていかなくてはならないのです。人と人なんだから、思うようにはいかないのです。女の人は強いなあ。男の人は優しいなあ。子どもは繊細だなあ。陳腐な感想ですがそんなことを思いました。あまりにも陳腐すぎる…! ナタリーの「ハーバードは最悪」みたいなセリフがあって「母校なのに?」みたいなこと言われて、事実ナタリーの母校だからそこちょっとおもしろかった(笑)
|20:03| review | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rina -
モンスター
評価:
パティ・ジェンキンス
松竹
¥ 1,350
(2005-05-28)

 前に『ぺネロピ』でクリスティーナ・リッチファンを公言しましたが、なにやらその彼女が、今作でレズビアン役を演じているらしいじゃないか。うちのママが前に目を覆うようにして観てたけど、ヴァイオレンスな内容に間違いないけど、たいして観てないしすべては覚えてないから、もう一度観ようじゃないか。

というわけで観たけどもwhat a violence movie it was! ですよ。ん?英語自信ない。シャーリーズ・セロンの変貌ぶりすごいね。実在した人を画像検索してわかったけど似てる似てる。女優だ。てかこの女の人(アイリーン)の人生に言葉を失う。実際と映画とは少し違う経緯でしたがどちらもどちらですよキツイです。白人女性だからびっくりとか、そういうんでなくて、もういろいろと痛い。観ていられない。心が痛いしもはや子宮も痛いよ。そして犠牲になっていくアメリカンたちの多種多様さよ…変態野郎から最後のジェントルなおじいちゃんまで。おじいちゃんのとこ泣いちゃう。トムいいやつ。


クリスティーナ・リッチは相変わらず私の心をくすぐりました。普段以上にちょっとぽっちゃりしてて、リアルなレズっぽさがやばい萌える(レズの友達いないからわからんですけど) なんかワガママ言ってみたり、悪ぶってみたり、ちょ///// ってなる。しぐさもそうだけど、声がとにかくキュートですね。あんなふうに罵られても即許しちゃうね。ママは憤慨してた気がするけど、やっぱり可愛すぎる。あ、やばい 『ぺネロピ』観たくなってきた…
|19:41| review | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rina -
わたしを離さないで
評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 2,791
(2011-09-28)

 悲しかった。なにこれ。ソーシャルネットワークに出てたアンドリュー・ガーフィールドがちょっとうざい。キーラ・ナイトレイがちょっと怖い。キャリー・マリガンがちょっと…マゾっぽい

予想してた内容ではなかったというか、ぶっちゃけそんなに予想はしてなかったけど、えっ こういう話かよ と少しびっくりした。こんな話あるのかよ。ないよ。映画だもん。でもね、「あるよ」って言われたら少し信じてしまいそうになる。ずーんとなるけどね。子ども時代の3人がきらきらしていて ほおっとため息ついてしまいました。3人モノなら男の子2人のほうが好みだけど、これは女の子2人でちょうどよかった気がする。レストラン入って黙りこくって何も頼めないシーンがちょっと笑えて、ちょっと可愛くて、ちょっと切ない。なんかやるせなくて泣く。 そんな感じです
|19:29| review | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rina -
またレビューやろうかな
 
お久しぶりでございます。

パソコンがネットにつながって(フレッツ光デビュー!!)レポートもかたかたできてすかいぷもフェイスブックもできて便利だ。実に便利だ。文明に感謝するはたちの冬。
だからなんとなく かたかたしたくなって かたかた書いてる。

今は毎日、楽しさと寂しさの入り混じったほろ苦い自由を食べて生きています。ビターだよ。
みんな暇になったら遊びに来てナ。たぶん誰もここ見てないけど!!!!!

(`・ω・´)おわり

|21:55| day | comments(3) | trackbacks(0) | posted by rina -
南極料理人
評価:
---
バンダイビジュアル
¥ 3,124
(2010-02-23)

 おもろかったーーー!!!!(^^) 堺雅人再び(笑)
ごはんちょう美味しそうだたー! キャストのほとんどがおじさんなのにこんなに魅力的って。なんなん。邦画のよさジワジワ出てると思う(誰) 南極かっけー。おっさんかっけー。でもけっこうアホで笑えて、そしてちょっと泣ける。ハートフル。公開前の試写会外れてからようやく観ました。誰にでも安心してオススメできる邦画ではないだろうか。
あと、高良くんほんと最近よく出てるよね。


さてさて7月が始まりましたね。今までレビュー書いてないものも含めると、6月だけで実に13作品鑑賞したことになります。どんだけ暇人wwwww とかいうツッコミは控えていただいて、とりあえず試験やらレポートやらの時期がやってきてしまったので、しばらく映画はお休みします。と、もはやここを誰が見てるかもわからないのに謎の報告をしてみる。映画館でも映画観たいし、本も読もうかなあと思ってるので(珍しく)充実した夏になりそうです。インドア的な意味で。今年はフランスーブルジョワー♪などと調子に乗ったことも言ってられず、よく働きつつ、みなさんと日本の極暑に耐えますので、たまに遊んでください。てへぺろ。

|15:02| review | comments(2) | trackbacks(0) | posted by rina -
武士の家計簿
 鯛じゃ鯛じゃ!!!!!
子役の男の子めっさ可愛い。仁に出てた。仁の録画がたまりにたまっている。早く観なければ、そのうち誰かにうっかりネタバレされてしまう。映画もいいけどそろそろ仁を観よう。

ん?仁の話がしたいわけじゃないよ! 久しぶりの邦画です。仲間ちゃんもちろん可愛いんだけど松坂慶子めっさ可愛かった(笑) そろばんかっこよく見えるってすごいと思う地味に。堺雅人ほんと女子のハートつかむのうまいわ…とか言ってみる。ちょっと泣けた。ほっこり。

|11:40| review | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rina -
ペネロピ
評価:
---
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥ 1,224
(2011-01-19)

 わたすはクリスティーナ・リッチがすきです!!!!!!!

のっけからすみません。可愛かったあ!!もうきゃーきゃー言いながら観てました。ジェームズ・マカヴォイまじなんなの?マルフォイみたいな名前だし顔ロシアっぽいしそれに…かっこよすぎでしょ…????ほかの写真見たら そうでもねぇ〜みたいな顔もたくさんあるのに…この話の中で異常なかっこよさを発揮しすぎでしょ????フィギュアスケーターみたいだよ?????なにこの映画???????大好物だよ。メイキングと来日映像までばっちり観た。自分の好みがわかりやすくてうける。これまじで映画館で観ればよかった。


王子さまなんかいないんだよ。自分を変えられるのは自分だけ。
まあピーター・パンはいるけどね!!!!!!(希望)

|11:27| review | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rina -
まなざしの長さをはかって
評価:
カルロ・マッツァクラーティ
オンリー・ハーツ
¥ 3,990
(2009-02-27)

 うーん、まじか…!
いや全然想像と違った。まず例によって女優さんが美しすぎてハッとして、あ、もう内容関係なく無視できんレベルにタイプだわと思ってレンタル。パッケージの表には「その美しい人は、先生…」とかって書いてあるし、裏の説明はよくわかんないしで、完全に生徒と教師のいかがわしい情事モノかと思い、きれいな女の人が年下の男の子といろいろやるのは観たいかもなあとか、イタリアは解放的な国だしちょっとした官能も芸術だろとか、そんな不純な妄想もしておりました。いかがわしいのはお前だっていう。

実際ミステリーチックなお話。かと思いきや民族の背景なども考えさせられる。ジャーナリズムを少し理解したような気になる。まあどちらもほんのちょびっとなんですが。このきれいすぎる女の先生は観られなくなり(残念)成長した青年が奮闘してくれる後半、それにしても残酷だ…あのデブちょう腹立つのに…なんかもうラスト思わず「うそおぉ」言ってました。音楽とかイタリアの田舎の風景はとてもきれいです。タイトルの『まなざしの長さをはかって』、なかなか粋な表現だと思います。女優のヴァレンティーナ・ロドヴィーニ要チェック。むしろこの人出てなかったら☆4つつけてないかもw くっそ可愛いしこのマーラっていう若干男たぶらかす感のある役もバッチリ萌えます。 ん?萌えって意味ちがうか?

|06:12| review | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rina -
美しいひと
評価:
---
ビデオメーカー
¥ 3,559
(2009-09-25)

 フランス映画コーナーでパッと観てこの女の子にやられた。借りるしかねえと思った。『美しいひと』というタイトルにもそそられた。動機がいつもこんなんですみません。
レア・セイドゥ扮するジュニーはミステリアスな転校生という素晴らしくハマり役な設定。他の生徒たちもなかなかキャラが確立してて青春!ちょいワルな青春!とか思ってはしゃいでたんだけど、ヌムール先生が…キーパーソンのルイ・ガレルが…え、なんでこのひとそんないけめんみたいな扱いなの?そうでもなくね?むしろなんか顔のパーツ変じゃね?これがコンニだったらおもらしするくらい興奮したかもしれないのに…オットーかわいそう…ていう映画。てきとう。

だけどジュニーはよくわかってる。賢い。サマーもそうだったけど、夢中になって、全力で恋をするのはいつも男の子だなあ。彼女たちももちろん真剣で、本気だからこそ強さを持ってるんだけど、やっぱり考え方がリアル。前にそんなフェミニズムちっくな記事書いたっけ。男の子、ロマンばっかり追い求めてないでマチアスみたいになれ。マチアスさすがジュニーのいとこだけあって色男だよ。(注:男の子が男の子を取り合うのが見どころ)
まあわたしのいちばんの好みはジャコブくんだけど。ジャコブ可愛かったなあ…図書館の先生も綺麗。

いつまでも薄い内容のレビューでほんとうにすみませんorz
|11:41| review | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rina -
| 1/41 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.